2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« ピアノと室内楽の発表会 | トップページ | 強弱で表現すること »

2017年9月 4日 (月)

幼少時のレッスンの記憶

発表会後の懇親会で、大人のヴァイオリンの生徒さんたちの中に子供の頃ピアノを習ったことがある人が結構いらっしゃることがわかったのですが、全員が「早々にリタイアしてしまった。退屈できつい課題をビシビシやらせる先生だったから」という衝撃的な告白。いや、よく聞くパターンだったか…。
楽譜がさらっと読める状態にも至らずに、この教室に入ってから音楽好きになっていったのでした。

退屈で子供にはつらい教材でも避けては通れない道だとは思うのですが、鬼のようにしごかなくても、やらせ方はいろいろあるでしょうね。
別にうまくならなくてもいいもん!という気持ちが巣食ってしまったら終わりでしょう。
私はのほほんとした子供だったので練習に負の感情を抱きにくく、どんな教材でもなんの疑問も感想も抱かずに、毎日決めた時間だけきっちり機械的に練習して「今日のノルマ終了~♪やったぜ(達成感!)」という感じでした。
練習は好きでも嫌いでもなかったというのが正直なところです。
少なくとも「嫌いではなかった」から続いたのだなあと感慨深いですが、最初の先生がスパルタ指導タイプではなかったのが大きかったと今になって気づきました。当時は比較の対象がなかったのでどんな先生かと問われても「こわい先生ではない」くらいしか言いようがありませんでしたが、今ふりかえると「カリキュラムはしっかり/指導は優しく」だったと思います。
今の先生につくときに、教室主宰のヴァイオリンの先生と3人で面談をしまして、どんなレッスンを受けてきたかを説明したところ、「小さい子にも手を抜かずにフルコースのメニューで教えておられたんですねえ」と称賛されました(私が賞賛されたわけではないが、なんだか嬉しい)。
なんとなく好きな曲を楽しく弾けるようになったらいいなという感じで子供に習わせる親は多いと思うのだけど(特に親に楽器経験がない場合)、そういうことなら教材はそんなにいろいろいらないんですよね。ただそれだと応用がきかなくなるので、早いうちに基礎は叩き込んだほうが後々ラク…。叩き込むという語感が幼児いじめみたいでアレなのかな。そこは先生の腕ですよね。
昨今は、教材を作る作曲家の先生がたも現代の感覚で工夫をこらした良い教材を生み出していて、今の子供たちがうらやましいです。

あの頃があって今があるということをつくづく感じた一日だったというお話でした。
子供の頃にピアノに挫折した皆さんはもうピアノに戻る気はないそうですが(ヴァイオリンに打ち込んでいるからいいんだよね)、ピアノ未経験の方は「やってみたい気持ちはすごくあるが両方できるか迷っている」とおっしゃるので、ピアノ科の先生生徒で強力プッシュしまくりました。
今からだったらトラウマになるようなレッスンはないですし、きっと楽しいですよ~。

« ピアノと室内楽の発表会 | トップページ | 強弱で表現すること »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピアノと室内楽の発表会 | トップページ | 強弱で表現すること »